太陽光発電とは?

太陽光発電の始まりは、約50年前にアメリカで太陽電池が発明されたところから始まります。太陽光は石油などと異なり、枯渇の心配がありません。そして、元々自然界に存在するエネルギーのため、環境破壊の心配もほとんどありません。これまで化石燃料などに頼り切っていたため、環境汚染、破壊の問題は大変深刻になっています。

そのため、太陽光発電は、次世代のエネルギーとして大きな期待がかかっていて、急速に開発が進んでいます。現在日本はその生産量、技術力ともに世界トップの位置にいます。それは、日本に高い技術力を誇る起業が多いためだと言えます。とはいえ、現在、太陽光発電の占める割合は、まだまだ低く、全体のわずか0,2%ほどです。残念ながら、現在もそのほとんどが火力発電で、全体の半分以上を占めています。

太陽光は枯渇の心配も無く、クリーンなエネルギーとして大変魅力的ですが、その設置にかかる費用、安定して電力の供給ができないなどの問題がまだまだ山積みです。そのため、普及がなかなか進まないといった原因になっています。最近は、設置にかかる費用を国で補助していたり、さらに自治会での補助も受けられるようになっているところもあり、普及に力を入れています。